2018年5月26日土曜日

Buying Trip 2018/May Part2




こんばんわ。
買い付け担当です!

水曜日帰国して、木金と2日爆睡して、今日から出勤しております!
5月の買い付けレポートを書いていきたいと思います。
※今回のブログで写っている物は買い付けておりません。お問合せ頂きましても対応できません。

前回のBuying Trip 2018/Mayで書いてあったように、今回は日本からスタッフを1人増員して、1週間ほど、2人体制で買付できたので、いろいろとフレキシブルな作戦で仕入れる事が出来ました。
まずはこれ↓

ただでさえくそデカいトラックを3台レンタル。。。
金曜の昼に、買い付け爆発してしまい、トラックパンパンになりました。
土日は倉庫が空いていない為、急遽5時間かけて倉庫に2台並走でかえってきて、車だけ置いて、また新しいトラックを借りる作戦にしました。
せっかく2人出来ていて、土日何も買えない状況を打破するためにこの作戦になりました。
経費もえげつないです。。。。

おかげ様で1週間で半分以上の物量が集まり、2人で来たかいがありました。
クオリティも間違いないです。
残り1週間は一人でマイペースに買付して、40Fパンパン買付出来る事が出来ました。


写真も沢山取っていますので、何回かに分けてレポートしていきますね。。







今回は倉庫潜入編。
今回も沢山の開かずの扉を開きました。

それでは行ってみましょう。。

取り合えず開かずの扉を開くのにはコツが入ります。
信用であったり、俺は買うぜ!的な事を思わせないとなかなか、ストックには入れません。
あんまり詳しく書きたくはないので、なんし特殊なスキルを使って色々な倉庫などに潜入します。

自分は英語はあんまりしゃべれないのですが、ヒアリングはまあまあ。
あとは気持ちで乗り切っていく感じの英語力なのですが、このおじさんは高齢なので、
何を言っているかも理解できないし、自分が何を言っても
HAAAAAAAAN????!!!!的な感じだったのですが、何とかして信用してもらい、
最終的に色々な倉庫に連れて行ってもらいました。

Come ON!!的な感じでついていきます。

こんな感じの田舎の倉庫はアドレナリン出まくります。
埃もエグイです。

まずはこの小屋から。

開ける前は、超ワクワク!あんなものやこんなものがあるんちゃううううう!!!
て感じです。

埃エグイ。。。と思いながらサーとみていきます。

次は隣のとびら。。。
この倉庫は古すぎて、ヴィンテージの物はなく、アンティークのオーク材などの家具ばかりで、WANTにおけるものは少なかったです。

まだまだあるぜ!的にな感じでどんどん、歩いていくおじさん。

おおーなんか出そう。。。

こっちもあるぜ!みたいな感じで、鍵を開けてくれます。

なにやら色々ありますね。。。

まだあるぜ!と最後の扉。内心はまだあるんかいな。。的な感じです。
結局見せてもらった色々な扉の中にはそんなに沢山は買えませんでした。

次はランクの高いミッドセンチュリーモダンSHOPのオーナーさんと仲良くなったので、
バックヤードを見せてくれました。

ここの物は売り物ではないみたいでしたが、アメリカでもかなりレアピースばかりなのでテンション上がりました。



ここでもストックを見せてよと言ったのですが、断られ、なんやかんやで、
ストックに入ることができました。
自分でも謎なのですが、気づいたらストックに案内されていることが多いです。


こちらは別のお店のストック。
何か車で5分ぐらいのところに連れて行ってくれました。


南京錠を外している時はほんとワクワク。

なんかいっぱいある!





こちらもアールデコやアールヌーヴォー調のデザインの物やオーク材の高級家具が多く
WANTっぽいモダンてジオメトリックな物は少なかったです。




教会のランプ

こないだ6万円ぐらいで売れたベンチ。

こういうオーク材の家具は日本と変わらない値段も多いです。

買えなかったですがおおおおおおおおおお!!!
的なものがあったり。


モダンファニチャーの倉庫に入ったり。

毎度の倉庫には、飛行機があったり。

KENTOこれに乗って日本に帰りなよ!!HAHAHAHAHA!!!!
ってアメリカンジョークをかまされたり。


長年の付き合いがあるディラーさんは倉庫引っ越したよ!
と言われたので、新しい倉庫に行ってきました。

もうめっちゃグレードアップしています!

中に入ってみるとミュージアムピースがゴロゴロ。。。。
















もう山奥のわけわからんとこにあります。





ちょっと眠くなってきて、最後の手抜き感は否めないですが、写真の多さでカバーできていると思います。

こんな感じで色々なところに行ってきました。
結構ハイテンションでブログを書くと、楽しそうに見えますね!
実際はもうフラフラで、今回は特にハードで疲労困憊になる旅でした。


まだまだ疲れが取れない今日この頃ですが、今日はこの辺で終わりです。
また続きを書きますので、楽しみにお待ちください。

明日もご来店お待ちしております。

--------------------------------------------------------
WANT ANTIQUE LIFE STORE
〒537-0001  / 大阪府大阪市東成区深江北2-10-4
Open/12:00-20:00  定休日/年末年始のみ
TEL&Fax / 06-4308-4448
MAIL / info@want-antique.com
WEB / http://www.want-antique.com/   
---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------
WANT ANTIQUE EAST STORE(倉庫店舗)
〒578-0922/大阪府東大阪市松原1-12-21
オープン/ 13:00〜19:00
※コンテナ入荷の都合により1週間程お店を閉める場合があります。
ご来店前にお電話にてご確認下さい。
TEL&Fax / 072-961-6020
MAIL / info@want-antique.com
WEB / http://www.want-antique.com/           
-------------------------------------------------- --------
★スタッフ募集も宜しくお願いします★
【 株式会社want antique スタッフ募集】
雇用形態 : 社員又はアルバイト
年  齢 : 20歳~
性  別 : 問いません
勤 務 地 : 大阪市東成区深江北2-10-4 又は東大阪市松原1-12-21
勤務日数 : レギュラー週5~6日 (週2.3の短時間でも可能です。気軽にご相談ください)
時  間 : 11:00-20:00(入荷や納品の際は残業あり)
給  与 : 月給19万~32万/ 時給910円~(研修期間3ヶ月。経験者は考慮します)
昇  給 :必要に応じて
有  給 :年10日間
業務内容 : アンティーク商材のリペア、電気系統の再配線、木製家具の剥離、塗装、クリーニング、WEBSHOP運営、商品の梱包、店舗接客、他。
必要資格 : 自動車運転免許(電気工事士、施工、建築等の経験がある方は優遇します)
応募方法 : TEL06-4308-4448 又はinfo@want-antique.com までご連絡の上、店舗まで履歴書を郵送ください。(書類の返却は致しません)

※性別は問いませんが、ポジション的にリペア、梱包、配達、加工など手が傷だらけ&服が汚れる作業ですので男性の方のほうが向いてるハードワークです。女性でも進んでやってもらえるなら大歓迎です。

何か要望がありましたら相談の上 出来るだけ寄せるつもりです。