2017年4月4日火曜日

Recommend Items!!【LIFE STORE】


こんにちは。

深江橋LIFE STOREです!

本日は数ある家具の中からRecommendアイテムをいくつか
紹介したいと思います。

まずは、家の中心を飾ってくれるソファから!
仕事をして疲れた体を癒してくれるソファ。
お家にあるのと、無いのとでは生活が変わってくると思います。

もちろん大事な家具なのでこだわりたいですよね。
そんな方にオススメなソファがいくつもあります。

1960's ヴィンテージ ファブリック 3シーターソファ

グレーファブリックと落ち着いたカラーのミッドセンチュリ―ソファ!

フレームのウッドフレームもスッキリしたシルエットなので
3Pですが圧迫感なくご使用いただけます。

優しいカラーなので植物なんかと合わして癒しの空間に。


60’sオリジナルのファブリック。

経年劣化での破れダメージも無く状態良好でございます。


何故スッキリして見えるかと言うと空間がある為です。

どっしり構えているボックスタイプはどうしても
重厚感や圧迫感がある様に見えがちですなので
和室などにはあまり合わないんですがこちらのソファは
和な空間にもよく合うとてもミニマルなソファです。


クッションも取り外し可能なので

ペンなどがソファに入り込んでも大丈夫ですし

お手入れも簡単に出来ますよ。


入荷した時からずっとイチオシ。

ソファが今家に無いのでお金があれば是非欲しい。。。です。

1960-70s ヴィンテージ Percival Lafer 2シーター ソファ

ブラジルのミッドセンチュリー家具デザイナー、Percival Lafer(パーシヴァルレイファー)の2シーターソファ。

アメリカでも高いとこでは$5,900など激高です。
何故かというとアメリカでも流通する事が少なく、1950年代頃より数々のデザイン家具を生み出し、アメリカ家具とは違った、独特なデザインだった為です。


ハイバックな背もたれに、背もたれから座面にかけて
流れる様なデザイン。

確かに当時のアメリカのソファでも見かけないデザイン。


キャメルレザーは発色もよくお部屋に映えますよ。


また、高級木材でもあるローズウッドを使用したウッドフレーム。

やはりいつ見てもかっこいいです。

キャメルレザーとの相性も抜群にいいですね。

なかなか日本でも扱っているお店も少ないと思いますので
機会があれば是非、店頭で確認してみて下さいね。


雰囲気は一転して、こちらのフェミニンなファブリックソファ。

1960-70's ブルーファブリック 2シーター ソファ

綺麗な艶のあるブルーベルベットに目を惹かれるボタン絞りはなんとも上品。

脚も猫脚デザインと魅力たっぷりなディテールです!


60-70'sによく見られる鋲打ち。

欠損なくびっしりと詰まっております。




ベロア地は気持ちよく体を休めるにはもってこいの素材です。おすすめ!



サイドテーブルやナイトテーブルも
フェミニンな物ありますので
お部屋作りでジャンルを揃えたい方は是非!






テーブルの流れで人気のタイルテーブル!

ヴィンテージタイルテーブルも数が減ってきていて
更に人気アイテムなので、早いもん勝ちアイテムです。

特に50-60’sのタイルテーブル。

50'sのアイテムによく使われているブラックアイアンのヘアピンレッグ。

スッキリしたシルエットで使いやすいデザイン。


カラフルなアメリカンタイルは北欧でもジャパンでもなく
まぎれもないアメリカヴィンテージ。

モザイクアートなデザインもグッド。

ちなみに、我らがジャパンメイドの逆輸入タイルテーブルもございます。

1950's ヴィンテージ ブーメラン型 ローテーブル


ブーメラン型で独特な雰囲気。

ナ〇キのロゴにも見え、、、、


アメリカタイルとは異なる丸みを帯びたジャパンタイル。

実家のお風呂が昔こんなタイルだったのを思い出します。

古き良きジャパンヴィンテージです。




知らない方もいらっしゃるかも知れませんが
WANTでは店頭に引いているラグも実はほぼ商品です。

もちろん購入後はしっかりクリーニングしてお渡しします。

ミッドセンチュリーのシャギーラグやキリムラグは
アメリカでも高値で売られておりとても希少なアイテム。


今日はTHE・ミッドセンチュリーなこちらを。

自然をモチーフにしたデザインをよく使っている
ミッドセンチュリー期ならではなラグデザイン。

 暖色を使い分けリアルな表現力。


どっちが上でどっちが下か悩めるような
面白いデザインも特徴的です。


 花柄モチーフの細かな模様が美しいラグも。
味わい深いカラーにデザインは和・洋と選ばずお使いいただけますよ。


アンディ・ウォーホルらとともに活躍したポップアートの代表的な画家
ロイリキテンスタインポスターを最後に紹介します。


本日オンラインストアにも掲載済みなので
検討されている方は是非チェックしてみて下さいね!
↓↓
1960's Roy Lichtenstein 額入り ポスター

1962年に製作された
’’I Can See the Whole Room...and There's Nobody in It’’
和訳すれば
"私は全体の部屋を見ることができます... そしてそこには誰もいません!"

この作品はリキテンスタイン作品の中でも初期の方の作品ですので
有名なデザインでありながらコピーライトでも希少な作品です。

しかも今回のはH1075mm W990mm D20mmと特大サイズで余計珍しいです。

デザインにも色々意味があるんですが
大きい意味で言ってしまえば片目の不確実性の例えらしいです。

暗闇の部屋の中では何も見ることができないことを明確にし、抽象化に対する風刺的な言及みたいで、そう考えたら吹き出しの意味も分かりますね。




壁に掛けれない方は大きいサイズなので
床に直接置いてディスプレイするのをオススメします。

どこにやってもインパクトのある一点です。


 と、本日はこんな感じで!

まだまだ店頭にはおすすめな家具・雑貨と
豊富にあるのでこれからもブログで紹介していきますね!

では!明日も御来店お待ちしております。

--------------------------------------------------------
WANT ANTIQUE LIFE STORE
〒537-0001  / 大阪府大阪市東成区深江北2-10-4
Open/12:00-20:00  定休日/年末年始のみ
TEL&Fax/ 06-4308-4448
MAIL/ info@want-antique.com
WEB/ http://www.want-antique.com/                     
---------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------
WANT ANTIQUE EAST STORE(倉庫型店舗)
〒578-0922/大阪府東大阪市松原1-12-21
Open/13:00-19:00  不定休
※コンテナ入荷の都合により1週間程お店を閉める場合があります。
ご来店前にお電話にてご確認下さい。
TEL&Fax/
072-961-6020
MAIL/ info@want-antique.com
WEB/ http://www.want-antique.com/              
----------------------------------------------------------

★スタッフ募集も宜しくお願い致します★

【 株式会社want antique スタッフ募集】
雇用形態 : 社員又はアルバイト
年  齢 : 20歳~
性  別 : 問いません
勤 務 地 : 大阪市東成区深江北2-10-4又は東大阪市松原1-12-21
勤務日数 : レギュラー週5~6日 (週2.3の短時間でも可能です。気軽にご相談ください。)
時  間 : 12:00-20:00(入荷や納品の際は残業あり)
給  与 : 月給15万~20万後半/ 時給900円~(研修期間3ヶ月。経験者は考慮します。)
賞  与 :年1.2回
昇  給 :必要に応じて
有  給 :年10日
業務内容 : アンティーク商材のリペア、電気系統の再配線、木製家具の剥離、塗装、クリーニング、WEBSHOP運営、商品の梱包、店舗接客、他。
必要資格 : 自動車運転免許(電気工事士、施工、建築等の経験がある方は優遇します。)
応募方法 : TEL06-4308-4448 又はinfo@want-antique.com までご連絡の上、店舗まで履歴書を郵送ください。(書類の返却は致しません。)

※性別は問いませんが、ポジション的にリペア・梱包・配達・加工など手が傷だらけ&服が汚れる作業ですので男性の方のほうが向いてるハードワークです。女性でも進んでやってもらえるなら大歓迎です。何か要望がありましたら相談の上 出来るだけご希望に寄せるつもりです。



0 件のコメント:

コメントを投稿